起床管理

1,電話で起こします。
2,起きません。
3,店長に電話します。

ノーミスの起床確認はとてもシンプル。

1)スタッフへモーニングコールをかけます。
2)モーニングコールを取らなかったら、責任者に電話連絡します。

責任者へ電話が来なかったら、「電話に出た」ということなので、「起きている」と判断します。

寝坊で遅刻。長い人生ですから、誰でも1度や2度は経験あるのではないでしょうか?
寝坊の原因は様々です。
得意先の誘いを断れず、昨夜は深酒してしまった。ふと目が覚めたら出社時刻を過ぎている。
そんな時に限って大事なミーティングがあったり、得意先への訪問があったり、穴を開けてしまい、あなた自身もそうですが、会社の信用もガタ落ちです。

目覚ましの電池が切れてた。
目覚ましは時計と携帯。時計の電池が切れた日に限って、携帯もマナーモードだったりして。
そしてその日は一人で早番だったりして、不運は続くものです。

家事に育児に、最近疲れてて、睡眠時間も短い。
昨夜は寝苦しくて、なかなか寝付けず、気が付いたら二度寝。
そもそも朝が弱い。

人間は機械じゃないので、そんなに正確じゃないし、完璧でもありません。
しかし時間は止まってくれませんし、常に正確で完璧に動いています。
企業側からしてみると、この矛盾は時に大きな損失に繋がる場合もあります。
一度落ちてしまった信用を取り戻すのは、容易なことではありません。

どうすれば良いでしょうか?
管理者を配置して、従業員の起床を管理する。という方法があります。
しかしそれでは単純にコスト増ですし、管理者の負担が増えるだけです。

そこでオススメするのが当サービス、ノーミスの起床確認。
従業員へモーニングコールをかけます。
モーニングコールを取らない → 起きてない → 責任者へ電話

起きていないときだけ電話が来ますので、普段は特にすることはありません。

例えば店舗だったら、遅刻はオープンミスに繋がります。
オープン前にスタッフの寝坊が分かったら、急いで自分が行けば間に合うかもしれないし、施設の担当者に電話すれば、施設の担当者が店舗の前でお客様に説明してくれるかもしれません。
とにかく、気が付いたら開いてない。という最悪な状況は回避できます。

絶対に遅刻できない取引先との待ち合わせ。
そんな時に限って寝坊するのが人間です。
もし担当者の遅刻が、待ち合わせ時間前に分かれば、先方へ電話で前もって謝っておくことが出来るかもしれません。
前もって伝えるだけで、心象は全然違います。
普段からの起床管理で、もしもの時に大きな違いがでます。

現場に担当者が来ていない。
電話をしても繋がらない。最悪です。
しょうがないから会社へ直接電話をして、上司・責任者へ状況を説明します。
説明している時点ですでに怒っていることでしょう。
起床管理をしていれば、事前に寝坊・遅刻を知ることが出来ます。
分かった時点で先方に連絡し、丁寧に説明すれば信用を落とさずに済むかもしれません。

集合場所に添乗員がいない。
集合時間になりました。集合場所に集まりました。
旅行会社の人が居ません。途方に暮れる旅行客たち。
完全にクレーム案件です。
SNSで拡散されようなものなら、社会的な信用は地に落ちてしまいます。
起床管理をしていれば、参加者が途方に暮れる前に連絡できるでしょう。
参加者リストをコピーして、みんなでお詫びの電話作戦です。
宿泊施設にも連絡して、チェックアウト時間を伸ばしてもらえるよう交渉しても良いでしょう。
とにかく誠意を伝えることが大事ですが、その前に起床確認を導入しましょう。

乗車時刻を過ぎてもバスが来ない。
今日は結婚式当日、ハレの日です。
参列者は、式場から教会までバスで移動します。
しかし待てど暮せどバスが来ません。
しょうがないので運行会社に連絡しますが、もうこの時点でアウトです。間に合ってません。
結婚式のスケジュールはメチャクチャです。
起床確認をしていれば、他の者が代わりに向かうことが出来たかもしれません。
他の移動手段を用意することが出来たかもしれません。
ハレの日を台無しにせずに済んだかもしれません。

信用は時としてお金よりも価値があります。
信用は時として時間よりも価値があります。
信用を損なうリスクをいかに減らすか、企業の危機管理マネジメントが問われます。
管理が増えればコストが増えるのも仕方ないことかもしれませんが、自動化することによってコストを抑えるソリューションがあります。
是非、自動確認電話ノーミスを是非ご検討ください。

自動確認電話が1回50円からご利用いただけます。
1回50円

モーニングコールが1回50円からご利用いただけます。

料金について
働き方改革
ノーミスの働き方改革

企業がモーニングコールを導入するにあたって、

働き方改革へ
姉妹サイトに、個人向けモーニングコールサービスも。
デモ画面あります。

デモ画面を用意して、御社の課題を一緒に考えます。

ご訪問について