カスタマイズシュミレーター

追加したいカスタマイズにチェックを入れてください。
合計金額は初期費用のみ表示されます。別途、月額保守費が必要になります。
記載されているカスタマイズは1例です。御社の業務に合わせた様々なカスタマイズが可能です。
詳しくはお問合せください。


専用環境構築 200,000
(月額保守費) (¥10,000)
合計 ¥200,000
  • 合計金額は初期費用のみ表示されます。別途、月額保守費が必要になります。
  • 記載されているカスタマイズはあくまで1例です。
  • 御社の業務に合わせた様々なカスタマイズが可能です。
  • 詳しくはお問合せください。
専用環境構築
御社専用のサーバーを立て、ノーミスのコピーサイトを構築し、それをカスタマイズして提供いたします。
初期カスタマイズ費用、専用環境の保守費、利用料が必要となります。
指定ファイル読込
ユーザー情報、予約情報のCSVなどを読み込んで、半自動で登録します。
運行システム、勤怠システムなどからファイルを出力して、それをノーミスが読み込みます。
・従業員が多く、ノーミスの管理画面から1人ずつ登録するのは手間がかかる。
・予約時間が毎日変更されるので、一つずつ予約するのは手間がかかる。
こんな場合に便利なカスタマイズになります。
指定ファイル自動取得
上記「指定ファイル読込」と組み合わせて機能。全自動連携システムを制作します。
上記「指定ファイル読込」では、人がファイルを手動出力、ノーミスへ手動登録が必要です。
自動取得では、指定場所までノーミスがファイルを取りに行き、自動でファイル取得、登録します。
社員番号確認
ノーミスでは、電話番号で従業員を特定します。この場合、特定の電話機でなければ起床確認ができません。
かける電話機は変わる可能性がある。という場合は社員番号などをプッシュ操作させて従業員を特定し、起床確認とするカスタマイズも可能です。
確認回数変更
ノーミスでは「本人確認は2回」と固定されています。
「いや3回確認してもらいたい。」「1回で十分だ。」などのカスタマイズも可能です。
タイミング変更
ノーミスでは、すべて10分単位で動作するように作られています。
2回の本人確認を経て、緊急連絡が発信されるのは予約から30分後です。
例えばこれを5分間隔にすると、緊急連絡の発信は15分後にすることもできます。
2段階緊急連絡
緊急連絡では4つの電話番号、4つのメールアドレスへ一斉発信されますが、
1段目は現場リーダーへ、現場リーダーが緊急連絡を取らなかったら2段目の上長へ。といったカスタマイズも可能です。
多段階緊急連絡
上記「2段階緊急連絡」は2段まででしたが、3段、4段にするカスタマイズも可能です。
アナウンス内容変更
モーニングコールを取ると「おはようございます、ノーミスです、、、」などのアナウンスが流れますが、
これを自由に変更することもできます。
専用画面(3画面)
特定の機能を作ると、その機能専用の操作画面も必要になるケースがほとんどです。
登録・編集・一覧と3画面お作りすることがほとんどなので、3画面分の見積を提示しています。
また業務に合わせて見え方や、操作手順を変えることもできます。どうぞご相談ください。